どんな目的で利用されているのか

神前式

神前式というのは、日本の伝統文化に興味があったり魅力を感じるという人に選ばれていることが多いと言えます。厳かな雰囲気の神社で式をおこなったり、豪華な和装に身を包んだりするという体験は、定番のキリスト教式の結婚式では味わえないものです。それに最近は、日本の伝統文化を見直したり魅力を感じたりする若い人も増えていると言われているため、そうした人にとってはうってつけの結婚式スタイルだと言えるでしょう。そして神前式では和装を着ることになりますが、この和装というのは体のラインを隠すことができるので、スタイルに自信が持てないという場合にもぴったりです。結婚式では大勢の招待客の前で晴れ姿を披露することになりますが、スタイルに不安があるとウェディングドレスを着るのに抵抗を感じてしまうこともあるでしょう。その点和装なら、そうしたコンプレックスを気にすることなく華やかな衣装で式をおこなうことができます。さらに神前式は、神殿に入る人の数が少ないという特徴があるため、招待客が少ない場合に選ぶのもよいと言えます。それに招待客が少ないということは、その分費用も安く済むということでもあるので、予算を抑えたい場合も活用するとよいでしょう。

知っておきたいアドバイス

神前式

神前式をおこなうときのアドバイスとしては、挙式には友人を呼ぶことができない場合があるということがまず挙げられます。もともと神前式というのは、家同士の結びつきを重視するような挙式スタイルなので、両家に関係のある家族や親戚しか参加できないという風習があります。最近では、友人が参加することもOKという神社も多いと言われていますが、気になる場合はその点をあらかじめよく確認しておく必要があるでしょう。次に挙げられるアドバイスは、神前式では「三々九度の杯」というお酒を飲みかわす儀式があるので、アルコールを一切受け付けないという人は注意する必要があるということです。しかし、もしアルコールがNGという場合であれば、事前に伝えておくことでお酒の代わりに水にしてもらえたり、飲むフリだけで済むようにしてもらえたりするケースもあります。また、この儀式はお酒に口を付けるだけでよいので、ゴクゴクと全部飲み干す必要はないということも知っておくとよいでしょう。さらに挙げられるアドバイスは、挙式中は私語が禁止されたり、勝手に写真を撮ることができない場合が多いということです。そのため神前式は、他のスタイルと比べると招待客にとってマナーが厳しいものになるということを知っておきましょう。