日本の伝統的な結婚式のスタイルです

神前式

神前式は神社や神殿などで行うのが特徴になっており、日本の伝統的な結婚式のスタイルです。家と家が結びつくという考え方になっており、三々九度の盃をかわすことで、両家の繋がりを深める効果があります。新郎は紋付の羽織袴を着用して、女性の場合は白無垢や色打掛などの伝統的な和装の衣装を着用します。宮司や巫女が神前式の作法を教えてくれるので、安心して申し込むことが出来ます。教会式に比べると厳かな雰囲気が特徴になっており、基本的には家族や親戚、親族などの血縁の濃い人で行うことが多いです。玉串料はどれぐらいなのか、知りたい人が多いですが、5万円から、10万円前後の所が多いです。

平均的な相場の費用を知っておこう

神前式

神前式を行うためには、玉串料のほかに衣装やヘアメイクに掛かる費用が必要です。ヘアメイクは衣装の種類によっても違いがありますが、10万円から、25万円前後です。白無垢に比べると、豪華な印象の色打掛のほうが費用が高めです。和装小物に掛かる費用は1万円から、2万円前後です。神前式の平均的な費用は35万円前後です。着用する衣装の種類によっては、料金が高くなることもあります。教会式に比べると費用を抑えた挙式が出来ます。

京都で挙式をしたい人が増えています

神前式

地元で人気の結婚式場では、神前式に対応をしているので、まずは電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。京都は伝統的な神社や神殿が多いため、地元の人だけでなく、地方や都心で生活をしている人も挙式をしたい人が増えています。人気の神社は利用者が多いので、早めに予約を入れておくと安心です。神前式を行った後は、親族などの身内で披露宴を行うことがほとんどです。以前に比べると和装を着用する機会が減っているので、神前式に憧れている人が増えています。